目黒区の内科・アレルギー科・小児科は目黒通りハートクリニック

当院について

医療理念

わたしたちは、患者様に約束します。

1. わたしたちは、「心臓病」・「生活習慣病」のスペシャリストです。

  • 高度な医療知識や最高のケアを得るために日々勉強します。
  • 各分野のプロとしての意識を大切にします。

2. わたしたちは、あたたかく、洗練された空間と時間を提供します。

  • 安心して相談・治療できる環境をつくります。
  • みなさまとの絆を大切にします。

3. わたしたちは、夢と誇りを抱いて成長します。

  • 目標を決め、達成する努力を怠りません。
  • 同じ夢を抱いたスタッフとの絆を大切にします。
  • 否定的な意見や他人の批判はせずに、前向きに物事を考えます。

院長紹介

院長のメッセージ

はじめまして。「目黒通りハートクリニック」院長の安田 洋です。
平成25年12月吉日、「目黒通りハートクリニック」を開業いたしました。

 

医師になってはや18年、大きな病院で内科・小児科から救急まで、幅広く診察にあたってきました。特に、循環器専門医として心臓の病気(狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症・心不全・不整脈など)に力を注ぎ、心臓カテーテルやカテーテルアブレーションなどの先端医療にも携わりました。

 

循環器専門医の日々を送るなかで、ある想いが募るようになりました。
夜中に心筋梗塞を起こし、救急搬送される患者様、昨日まで元気だったのに、心臓発作で突然死を起こされた患者様、大切な人を急に失ったご家族。「心臓病」で大きく人生が変わる方々のために、もっと提供できる医療はないのだろうか、「心臓病」は予防・早期発見こそが大切なのではないか。この想いが「目黒通りハートクリニック」の礎です。

 

「心臓病」は、生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)や喫煙が主な原因です。「高血圧」の薬は、血圧を下げるために飲むのではなく、「心臓病」にならないために飲むのです。コレステロールや糖尿病も同じです。
もちろん、「心臓病」を100%予防することは難しいですが、定期的な検査が予防・早期発見の一助となるでしょう。“なってから治す”ではなく、“なる前に防ぐ”、それが私の治療方針です。

 

「心臓病」は、病院のチーム医療がベースになっていることもあり、循環器専門のクリニックはまだ多くありません。それにも関わらず、病院は、待ち時間は長く、診察時間はあっという間ということが多く見られます。
病院へ行くのが負担な方、待ち時間の長さにお困りの方、「生活習慣病」も「心臓病」も心配な方、さまざまな患者様の要望に応えるべく、私を始めスタッフ一同精進してまいります。

 

“このクリニックに出会えて本当に良かった”、“家族をここへ連れてこよう”
一人でも多くの方にそう思っていただけるクリニックへ。どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成25年12月吉日 安田 洋

院長資格

  • 医学博士
  • 東京内科医会理事
  • 目黒区介護認定審査委員
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • プライマリ・ケア認定医

院長経歴

学 歴

  • 平成2年
  • 大阪府立天王寺高等学校 卒業
  • 平成8年
  • 国立滋賀医科大学医学部医学科 卒業 
    同大呼吸循環器内科 入局
  • 平成17年
  • 国立滋賀医科大学大学院博士課程 修了

職 歴

  • 平成8年5月
  • 滋賀医科大学医学部附属病院 呼吸循環器内科研修医
  • 平成9年11月
  • 長浜赤十字病院 内科医員
  • 平成12年7月
  • 宏和会 岡村記念病院 心臓血圧センター 循環器科医員
  • 平成17年4月
  • 昴会 湖東記念病院 心臓血管センター 副センター長
  • 平成20年4月
  • 松寿会 共和病院 循環器科部長
  • 平成25年12月
  • 目黒通りハートクリニック 開院